活躍の場が広がる鍼灸師の資格を専門学校で取得しよう

背中のお灸

鍼灸師の資格取得で大きく活躍!専門学校で幅広く学ぼう

問診をする

鍼灸師になるためには、鍼灸師養成課程を持つ専門学校などで一定の知識と技術を学び、国家試験に合格する必要があります。3年次というほかの専門学校と比べると長い期間でみっちりと鍼灸に関する知識を学びます。専門学校では鍼灸知識や技術のほか、東洋医学や生理学、心理学や解剖学などの医学知識を学ぶため、学校によっては修了後、医療専門士の称号を得ることも可能です。学ぶ範囲も広く、加えて正確な経穴知識、臨床技術も必要なため、卒業までには多くの努力が必要となるでしょう。しかし、国家資格であるはり師・きゅう資格を取得することにより、専門学校卒業後は幅広い分野での活躍が期待できることは見逃すことができません。
また、国家資格を取得しているということは、仮に就職し定年したあとでも、長く働くことが可能であることを意味しています。超高齢化社会の中で、ますます健康への関心が高まっています。また、高齢化により高齢者の健康維持のための治療なども増えることでしょう。幅広い医学知識を有した鍼灸師の専門家としてのニーズは、今後さらに高まっていく可能性があります。また、そのような鍼灸師以外にも、専門学校では取得できる資格も多くあります。健康に悩む人に貢献する医療の専門家として、広い知識を学べる鍼灸師の学校に通うことを検討してみてはいかがでしょうか。