活躍の場が広がる鍼灸師の資格を専門学校で取得しよう

背中のお灸

治療はもちろん健康増進のためにも利用する人が多い鍼灸

施術台

鍼灸はお年寄りやスポーツ選手が受けるものというイメージがあるかもしれませんが、実はそのような人たち以外も受けています。鍼灸を受ける人は数多くいるため、鍼灸師は活躍できる場が広く、魅力的な職業なのです。とはいえ、まだまだ鍼灸はあまり知られていません。そして、鍼灸師になるプロセスも認知度が低いです。ここでは鍼灸とはどのようなものかを紹介します。鍼灸は身体のツボなどに鍼を指し、あるいは灸をすえ、自然治癒力を高めて病気の治療や予防を行うものです。鍼灸の歴史は古く、鍼やモグサを患部に用いるという治療法は、約二千年前の中国戦国時代の文献に認めることができます。また、身体を流れる気のルートに関する記述も、紀元前2世紀頃の文献に確認されています。その後鍼灸の知識は中国から朝鮮へ伝わり、日本に伝来されたのは6世紀頃といわれています。平安時代には、医学としての鍼灸の知識と技術が確立されました。伝来初めは貴族や戦国時代の武将などが治療目的で鍼灸を利用していたのが、時代が下がるにつれ、民衆にも広く親しまれるようになります。
日本独自の方法も編み出され、目の不自由な人の教育にも大いに利用されてきたのが鍼灸なのです。明治以降、西洋の医学知識に押された時期もありましたが、幅広く親しまれた歴史の中で存続されてきました。また、70年代にはWHOが鍼灸治療の適応疾患を発表するなど、鍼灸に対する医学的認識が深まり、近年鍼灸の需要は拡大しています

鍼灸の専門学校では幅広い分野を学ぶことができる

鍼灸師は国家資格をもった医療技術者です。鍼灸師になるには、年に一回行われるはり師・きゅう師の国家試験に合格する必要があります。はり師・きゅう師の国家試験を受けるにはどのようにすればよいのでしょうか。まず、はり師・きゅう師の養成過程のある機関や学校などで受験資格を取得する必要があります。鍼灸師は東洋医学の専門家であり、医療技術者であるため、鍼灸師になるには専門学校などで鍼灸や医療に関する十分な知識と経験を学ぶことが重要なのです。学校により学べる範囲の違いはありますが、鍼灸師を養成する専門学校は基本的に学べる分野が幅広いです。鍼灸といっても、古くから伝わる中国鍼灸・日本鍼灸だけではなく、スポーツや高齢者、女性に特化した美容やレディース向けの鍼灸を学べる学校もあり、同じ鍼灸の技法でもさまざまな層に特化してアプローチすることができます。
卒業後はさまざまな分野での活躍が期待できます。たとえば野球などのスポーツ選手に向けたスポーツ分野、美顔やダイエットなどの体質改善などにアプローチする美容分野、機能低下による障害を抱える高齢者に対する福祉分野や医療分野などへの進出が考えられます。そういう意味では学んだ鍼灸の知識を、どういう方面で生かしたいのかという将来像が描きやすいでしょう。さらに独立開業が可能という点も見逃せません。活躍の幅が広がるのが鍼灸師の醍醐味でもあります。

鍼灸の専門家になるための基本的な学びのステップ

鍼灸師を養成する専門学校では、深い専門知識の学習と国家試験対策のため3年制になっているものが多くあります。基本的には、以下のような学びの段階を設けています。まず1年次では、基礎医学や実技を学習します。基礎医学には東洋医学、経穴といわれるツボを学ぶ経絡経穴はもちろん、生理学や心理学、解剖学など、人体の構造、身体と心の関係など医学的知識をじっくり学習していきます。こうした座学のほか、実技室で経路経穴で学んだ経穴(ツボ)を中心に、基礎的実技の演習も行います。2年次には、1年次で学んだ医学的知識や鍼灸知識に基づいた、実践実技が中心となっていきます。
2年次の特徴は、知識の応用座学、美容実技などの臨床実技が多くなることです。たとえば漢方、東洋医学や臨床医学の各論・総論などを学びます。中国鍼灸を学習する学校では、2年時で中医学や中国鍼などを学ぶことになります。応用である美容や高齢者、スポーツ鍼灸のゼミも2年次に行われます。最終学年である3年次では、臨床実習のほか国家試験対策に重点が置かれます。座学では総合医学や介護福祉など、卒業後の活躍の場を意識した講座が組まれます。実技では2年次で行ったゼミを受け、高齢者・レディース・スポーツなど専門的な鍼灸実技を学ぶことができます。国家試験対策にも力が入り、いよいよ資格取得に向かうのが3年次です。ただし、学ぶ講座や実技の内容は、学校により違いがあります。